『NC-A57』のおかげで最高のコーヒー生活が手に入ったという話

数ある「全自動コーヒーメーカー」のミドルクラスでコスパが良いと評判の『NC-A57』。

ここでは実際に購入して1年間毎日のように『NC-A57』を使った私が、「良いところ」・「イマイチなところ」についてまとめてみました。

購入を検討している方、また、悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

目次

『NC-A57』の概要

パナソニック
全自動コーヒーメーカー ミル付き 沸騰浄水機能 デカフェ豆コース搭載 ブラック
相場価格:18,000円前後

最初に『NC-A57』がどういった製品なのか簡単に説明します。

全自動コーヒーメーカー

『NC-A57』は全自動のコーヒーメーカーです。コーヒー豆と水を入れて、ペーパーフィルターをセットしたら準備完了!あとはボタンを押すだけで豆の挽き〜ドリップまで自動でやってくれます。

水は活性炭フィルターを通して浄水されるため、カルキを約90%カットします。また、浄水された水はマイコン制御によりコーヒー抽出に適した温度まで加熱されます。わざわざお湯を沸かす必要はないので、手軽にコーヒーを楽しむことができますよ。

活性炭フィルターによるカルキをカット!
引用元:https://panasonic.jp/coffee/products/NC-A57.html
マイコン制御で適切な温度に!
引用元:https://panasonic.jp/coffee/products/NC-A57.html

ミルの自動洗浄機能付き

コーヒーの抽出でもっとも汚れる部分は、コーヒー豆を挽く「ミル」の部分です。『NC-A57』はこの「ミル」を自動で洗浄してくれるところがウリの1つです。ドリップするときのお湯を「ミル」の部分に流すことで、「ミル」に残ったコーヒーの粉を流してくれるわけですね。

ドリップのお湯を「ミル」に流して洗浄
引用元:https://panasonic.jp/coffee/products/NC-A57.html

コーヒーの味を維持する優れた保温機能

コーヒーは淹れたてが一番美味しいです。そのため、淹れた後はすぐに飲んだ方が良いわけですが、ちょっと多めにドリップすると、全部飲みきれないといったシーンもあります。そして、残ったコーヒーは放っておくと冷めて酸味が出てしまいますし、高温で保温しすぎると煮詰まってしまい、えぐみと酸味が出てしまいます。

しかし、『NC-A57』はこの保温についても良く考えられており、煮詰まらないようにマイコン制御して保温してくれます。そのため、本来なら煮詰まってしまうような長時間の保温も可能になっています。

マイコン制御で美味しく保温してくれる!
引用元:https://panasonic.jp/coffee/products/NC-A57.html

『NC-A57』を購入した経緯と求めるもの

私はスタバやタリーズ、コンビニのコーヒーをよく飲んでいました。これらのコーヒーもおいしいのですが、やはり豆を選んで飲ませてくれる店と比べると味が落ちるんですよね。かといって、そういったコーヒー専門店はそんなに多くないので、気軽に行くこともできないし…と悩んでいたわけです。

「じゃあ自分で淹れるか」と思ったのですが、面倒くさがりな私にはミルで挽いて抽出するのは結構面倒だと感じました。そんなこんなで面倒くさがりな私は全自動コーヒーメーカーを探し始め、『NC-A57』に行き着いたわけです。

というわけで、味としてはコーヒー専門店の味に近い物を。そして、淹れるのはお手軽にというものを求めていました。

『NC-A57』 の総合的な満足度

1年以上使ってみての総合的な満足度ですが、「非常に満足しています!」。コーヒーの味、全自動の手軽さ、機能の充実など、あらゆる面でコスパ高い製品だなという感想です。

愛用している『NC-A57-K』

値段的にもっと上を見ればさらに優れた製品もありますが、2万円前後の全自動コーヒーメーカーで、こんなにおいしいコーヒーが飲めるのはありがたいですね。

以降では、『NC-A57』の「何が良かったのか?」、「何がイマイチなのか?」についてまとめました。

パナソニック
全自動コーヒーメーカー ミル付き 沸騰浄水機能 デカフェ豆コース搭載 ブラック
相場価格:18,000円前後

『NC-A57』の良いところ

ここでは『NC-A57』を使ってみて「良かった」と感じた部分を紹介します。

淹れたコーヒーの味

味は豆の特徴を邪魔することなく、そのまま素直に出してくれるという印象です。コーヒー専門店の味と同等とまでは言えませんが、それにかなり近い味を出してくれます。「自動だからそこまで期待できないかな…」と思っていたので嬉しい誤算でした。何より、自分で淹れるより安定した味を再現できます。

また、このコーヒーメーカーでは豆の特徴、自分の好みに合わせて設定を変えることで、味を変えることができます。いろいろ試して、自分好みの理想のコーヒーに仕上げるのもおもしろいですよ。

味変できる要素一覧
要素 設定値 効果
メッシュフィルター 粗挽き 苦みが少なく酸味がやや強くなる
中細挽き 苦みと酸味をバランスよく
抽出コース リッチ コクと苦みがやや強くなる
マイルド コク・苦み・酸味をバランスよく
ミネラルフィルター ストレート(フィルター無) 酸味に手を加えない
ソフト(フィルター有) 酸味を少し抑える

ミル部分の自動洗浄

『NC-A57』の概要でも述べたとおり、コーヒーを淹れる時のお湯を使ってミル部分を洗浄してくれる機能があります。購入前は「おまけ程度で粉が残るでしょ」と思っていましたが、想像以上に洗浄してくれます。淹れ終わった後にミルやフィルター部分を見てみると、ほとんどコーヒーの粉は残っていません。

赤丸部分からお湯が吹き出して、抽出しながらミル部分を洗浄

そのため、毎日コーヒーを飲んでいても、ミル部分の掃除は1か月に1回程度で十分です。いくら全自動コーヒーメーカーでも洗う部品が多くなると結局面倒ですから、これはありがたいですね。

手軽にコーヒーが飲める

『NC-A57』を使ってコーヒーを淹れるために必要な手順はとても少ないです。

コーヒーを淹れる手順
  1. 豆を計量カップで量って入れる
  2. ペーパーフィルターをセットする
  3. 水を目盛りに合わせて入れる
  4. ボタンを押す

たったこれだけ!準備には1分と掛かりません。ボタンを押せば10分後には自動的に美味しいコーヒーができています。機械の力は偉大ですね。

この手軽さを手に入れるために買ったので満足するのは当然ですが、それにしてもこれほど簡単にできるというのは嬉しいものです。

保温機能が優秀

『NC-A57』の保温機能は本当に優秀です!どうせ煮詰まって美味しくないコーヒーになるだろうと思っていましたが、そんなことありませんでした。疑ってすいません!

試しに1時間以上保温で放置したコーヒーを飲んでみましたが、酸味・えぐみが強調されることなく、元のコーヒーの味を維持しており、おいしく飲むことができたのです。もちろん淹れたてと比べると若干風味は落ちますが、全然許容範囲内です。

「ちょっと作りすぎてしまったな…」といったことになっても、安心して保温できるますよ。

マイコン制御されたヒーターが内蔵されている

「デカフェ」モードが予想外に良い

『NC-A57』には「デカフェ」モードが搭載されており、カフェインを抑えたデカフェ豆専用の抽出モードがあります。

デカフェ専用のコースが搭載されている

私は普段カフェインを気にしていないので普通の豆で淹れていますが、一応機能が備わっていると気になるので、試しにデカフェ豆を購入して淹れてみました。

これが意外と悪くありませんでした。デカフェのコーヒーはコクが無くて物足りなさを感じやすいですが、デカフェでありながらしっかりとコクが残っており美味しく飲めます。(買った豆が良かったという可能性もあるが、コーヒーメーカーの影響も少なからずあると思う)

もちろん普通のコーヒーと比較すると若干風味が落ちますが、そこらにあるデカフェコーヒーとは一線を画す仕上がりです。

パナソニック
全自動コーヒーメーカー ミル付き 沸騰浄水機能 デカフェ豆コース搭載 ブラック
相場価格:18,000円前後

『NC-A57』のイマイチなところ

ここからは『NC-A57』を使ってみて「イマイチだな」と感じた部分を紹介します。

『NC-A57』のイマイチなところ

豆を挽くときの音

全自動コーヒーメーカーのミルはどれもうるさいとは思いますが、それにしてもかなりの爆音です。身近な物に例えると、掃除機と同レベルの音がでます。マンションなどの集合住宅だと、早朝・夜間の使用はご近所迷惑になるかもしれません。

眠りを妨げること間違いなしの爆音

対策としてはお店で豆を挽いてもらい、粉末の状態から抽出したら良いでしょう。しかし、粉末から淹れると全自動コーヒーメーカーを買った意味が半減するので、音が気になるようでしたら、全自動コーヒーメーカー自体の導入を再度検討した方が良いと思います。

部品が洗いづらい

毎回洗う必要がある部品は下記の3つのパーツになります。

淹れる毎に洗浄が必要なもの
  • 水容器(水を入れる容器)
  • バスケット(ペーパーフィルターをセットする部品)
  • ガラス容器(抽出されたコーヒーが入る容器)

この中でバスケットが少し洗いづらいんですよね。バスケットの蓋の部分は凹凸があり、そこに粉が挟まりやすく、スポンジだと綺麗に洗えないです。

バスケットの蓋は凹凸がたくさん

そのため、ブラシなどを用意して洗浄する必要があってちょっと面倒です。もう少し簡単に洗えるようにしてもらえると嬉しいですね。

まとめ

不満に感じる部分は少しありますが、そんなのが気にならなくなるほど良いところが『NC-A57』にはあります。

コストパフォーマンスの観点でみたら、間違いなくこの商品は候補に入れるべき製品です。また、初めて全自動コーヒーメーカーを導入する人にもオススメしたい製品でもあります。

どれにしようか迷ったのなら、『NC-A57』を選択しておけば間違いないでしょう。

パナソニック
全自動コーヒーメーカー ミル付き 沸騰浄水機能 デカフェ豆コース搭載 ブラック
相場価格:18,000円前後
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次