WSLのバージョン確認・変更方法を現役エンジニアが解説

WSLを使っていると、「あれ?このディストリビューションのWSLバージョン何にしたっけ?」となって焦ることありませんか?

そんなときのために、ここではディストリビューションのWSLバージョンの確認方法を解説します。サクッとコマンドを入力するだけなので簡単です。

また、WSLバージョンを変更する方法も解説するので、確認したバージョンが期待通り出なかった場合は、手順を参考にWSLバージョンを変更して頂ければ幸いです。

目次

WSLのバージョン確認方法

WSLのバージョンは2021年12月時点で、下記2つのバージョンが存在します。

  • WSL1
  • WSL2
注意点

WSL2 は、Windows 10 (バージョン 1903、ビルド 18362 以上) 、または、Windows11でのみ使用できます。

WLSバージョンはディストリビューション毎に設定できます。

各ディストリビューションのWSLバージョンを確認するためには、コマンドプロンプトで下記コマンドを実行すると確認できます。

wsl -l -v

実際にコマンドプロンプトで実行すると、下記のような表示が出てくるはずです。

VERSIONの列が各ディストリビューションのWSLバージョンになります。上記の表示だとUbuntu、DebianともにWSL2で実行される状態になっています。

WSLのバージョン変更方法

あまり使わないかもしれませんが、WSLバージョンを変えたいケースもあります。たとえば、昔に使っていたディストリビューションでWSL1上で動かしていたものをWSL2に移行した場合などです。

そんなときは下記コマンドを実行して、対象のディストリビューションのWSLバージョンを変更します。

wsl --set-version <Distro> <Version>

たとえば、DebianのWSLバージョンをWSL1に変更したい場合は、下記のようにコマンドを入力します。「1」の部分がWSLのバージョンを指しています。

wsl --set-version Debian 1

コマンドプロンプトでコマンドを実行すると、下記のような出力が出てきます。

WSLのバージョンを確認するコマンドを入力して、期待した通りにWSLバージョンが切り替わっているか確認します。

Debianの「VERSION」列が「1」になっているため、WSLバージョンが期待通り「WSL1」に変わっていることが確認できました。

まとめ

各ディストリビューションのWSLバージョンの確認方法と変更方法を解説しましたが、簡単なコマンドを入力するだけでできます。コマンドのオプションや入力値を忘れたり困ったりしたときは、下記コマンドでヘルプを表示させると良いでしょう。

wsl -h

また、WSL1とWSL2の詳細な違いについては、Microsoftの以下のリンクを参照してください。

WSLに関する記事は以下もあるので、こちらも参考にどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次