【簡単】HEICからJPEGへ一括変換する方法

iPhoneの写真はデフォルトHEICフォーマットで保存されるようになっています。しかし、WordpressやWindowsで使う場合はJPEGフォーマットにしたいものです。

ここではHEICフォーマットをJPEGフォーマットに一括変換する方法を、macOS・Windowsそれぞれの場合でまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

HEIC → JPEG変換手順(macOS)

まずはmacOSでHEICからJPEGへ変換する手順を解説します。標準アプリ「プレビュー」で対応できるのでめちゃくちゃ簡単ですよ。手順としては下記通り。

  1. Finderで変換したいHEICファイルを選択
  2. 「プレビュー」アプリで開く
  3. 変換するファイルを「プレビュー」アプリ内で選択する
  4. 「選択中のイメージを書き出す」を実行する
  5. フォーマットを選択する
  6. 書き出す

以降では、各手順の詳細な解説をします。

手順1:Finderで変換したいHEICファイルを選択

下記の画像のように変換したいHEICを選択してください。

手順2:「プレビュー」アプリで開く

選択したファイルを「プレビュー」アプリで開いてください。右クリックのメニューから開いても良いですし、デフォルト設定であれば Command + キーでも良いですよ。

手順3:変換するファイルを「プレビュー」アプリ内で選択する

「プレビュー」アプリが開くと、選択した写真が左側に一覧表示されます。表示されたファイルでJPEGに変換したい写真を選択します。

手順4:「選択中のイメージを書き出す」を実行する

下記のように「プレビュー」アプリの「ファイル」をクリックすると、「選択中のイメージを書き出す」という項目があるので、ここをクリックします。

手順5:フォーマットを選択する

書き出し先を選択するウインドウが開くので、その中にある「オプション」をクリックします。すると書き出すフォーマットを選択できるので、「JPEG」を選択します。

手順6:書き出す

あとは書き出したいディレクトリを選択して、「選択」の部分をクリックするとJPEGに変換された写真が書き出されます。

HEIC → JPEG変換手順(Windows)

Windowsの場合は「CopyTrans HEIC for Windows」というフリーソフトを使います。他には「Microsoft Store」から「HEVC ビデオ拡張機能」をインストールする方法もありますが、こちらは有料なので、「CopyTrans HEIC for Windows」を使った方が良いでしょう。

手順としては下記通り。

  1. 「CopyTrans HEIC for Windows」のインストール
  2. エクスプローラーで変換したいHEICファイルを選択
  3. JPEGに変換を実行

以降では、各手順の詳細な解説をします。

手順1:「CopyTrans HEIC for Windows」のインストール

「CopyTrans HEIC for Windows」の公式ページにアクセスして、インストーラーをダウンロードします。

ダウンロードをクリック

インストーラーをダウンロードしたら、インストーラーをダブルクリックしてインストールを開始します。

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリック

あとはインストーラーの指示に従って、「CopyTrans HEIC for Windows」のインストールを進めてください。

「次へ」をクリック
「同意する」にチェックを入れて「次へ」をクリック
「CopyTrans HEICを個人利用〜」にチェックを入れて、「次へ」をクリック
「インストール」をクリック

手順2:エクスプローラーで変換したいHEICファイルを選択

JPEGに変換したいHEICファイルを選択します。もちろん複数選択しても良いですよ。

JPEGに変換したいファイルを選択

手順3:JPEGに変換を実行

変換したいファイルを選択したら、その状態で右クリックを押します。すると、「JPEGに変換」という項目があるので、こちらをクリックします。

JPEGに変換をクリックする

すると、HEICファイルがあるフォルダと同じ場所にJPEGファイルが出力されます。

JPEGファイルが出力される

iPhoneの保存フォーマットをJPEGにする方法

ここまで変換方法を解説してきましたが、そもそもiPhoneで写真撮影する際にJPEGで保存するようにできたら楽だと思いませんか?

もちろんその方法も用意されています。しかし、この方法はおすすめしません。

方法はあるがおすすめしない理由

お勧めしない理由は、写真をJPEGで保存するように設定すると、動画の保存にも影響がでるためです。私は『iPhone 13 Pro』を使っているのですが、もしJPEGで保存するように設定変更すると、下記のような制限が掛かってしまいます。

  • シネマティックビデオで録画できない
  • 4K/60fpsで録画できない
  • 1080p/240fpsで録画できない
  • HDRビデオで録画できない

このように結構致命的な制限が掛かってしまうため、基本的に保存フォーマットがJPEGになるように設定変更することはお勧めしません。

ただ、「そんな制限関係ない!JPEGで保存したいんだ!」という方もいると思うので、JPEGで保存するように設定変更する方法を解説します。

iPhoneの写真フォーマットをJPEGにする手順

  1. [設定]アプリを開く
  2. [カメラ]→[フォーマット]に移動する
  3. [カメラ撮影]の設定を「互換性優先」に変える

以上で写真の保存フォーマットがJPEGに変わります。簡単!

まとめ

HEICをJPEGに変換する方法を紹介しましたが、macOSがあるのであれば標準アプリで出来るので手軽です。また、Windowsの場合はアプリインストールからなので若干面倒ですが、入れてしまえばラクチンなので、こちらも簡単にできます。

ブログへのアップロードなどで活躍すると思うので、ぜひ活用してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次